So-net無料ブログ作成

謎の肌色テープ

16070003.jpg

去年の検査入院で知って、でも、実物を見てないので使う訳や使い方が分からず、
ずっと謎だった物。
同じ病室で、手術が終わった患者さんと看護士さんの会話をカーテン越しに聞いてて、
名の通りテープだろうとは思ってましたが、看護士さんが「肌色テープ」と言うので、
何か特別な物を感じさせ、謎だった。
今回の入院で私も使って、やっと分かりましたよ。
正しくはサージカルテープ
傷跡の保護に貼るテープです。
肌色テープと言うのは、商品名に「スキントーン」とあるから?

手術の縫い跡を保護する為に貼るんですが、手術の直ぐ後に貼るのではなくて、
退院の数日前に看護士さんが貼り方を教えつつ貼ってくれます。
(私は退院が予定より早まったので、退院の日に貼って貰った)
それ迄は腹帯を巻いてました。
これは手術の前に用意してくれと言われた物の内の一つなんですが、
この時限りだろうと、持ってる腹巻で良いか看護士さんに確かめたら、
診察の時に直ぐに見せられる様にとの事で、病院の売店で買ったんでした。
あと、退院した後の診察で分かったんですが、超音波でお腹の中を診る時に、
テープが影になってしまうからというのもある。

このテープは縫い跡が皮膚が横に伸びるのに引っ張られない様にする役割もあるらしく、
体を屈ませず、テープを縦にぴっと伸ばし気味に貼ると良い様なんですが、
3㎝程に切ったのを少しずつ重ねて貼っていくので、どうも綺麗にぴしっと貼れなくて…
肌に優しい割りに粘着力が強く、お風呂に入っても3~4日は剥がれないので、
捲れてきたテープだけを貼り替えれば良く、それが毎日じゃないのは楽ですけど。

いつまで貼るのかは縫い跡次第なんですが、私は未だ貼ってます。
汗をかくと痛痒くなるのと、縫い跡に慣れないから。
貼り替える時は眼鏡をせず(ぴしっと貼れないのはこのせいもある)、覚悟を決めても、
そうでない時にふと目にすると、やはり未だ恐いというか…
恐くても目にしてれば慣れる気もしますが、取り敢えずテープが終わる迄貼ってみようかと。

ちなみに、腹帯の他にも必要な物が色々とあって、こんなのとかこんなのも。
一まとめに「婦人科セット」として売店で売ってました。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。