So-net無料ブログ作成

尿管ステントの件

16071701.jpg

7月2日の記事で、「今迄の記事を読み返して間違いを直したいと思ってます」と書きましたが、
読み返したらぽろぽろとみつかり、でも読んでくれた方に不利益があるとか、
誰かの何かに関わるとかではない些細な事なので、今更ながらに改めるのやめました。
改めたところで、第三者は気にならないだろうし。

でも、「これは直さないと」というのもありまして、6月19日の尿管ステントの件。
説明が足りなかったです。
そもそも尿管ステントは、何らかの理由で尿管が狭くなって尿の出が悪くなった場合に、
尿管を広げて尿の出を良くする為に入れる物。
私の場合、手術の際に尿管を傷つけない様に、尿管の位置を把握する為に入れたので、
本来の目的とは違います。
ちなみに、東京の患者会に参加して知ったんですが、同じ様な手術をする際に入れたという人は、
一人もいなかった。
もっと広くみればいるのか、或いは昔はやらなかったけど今はやるのか、分かりませんが、
同じ手術で入院してた他の人も入れてたので、私が通ってる病院の方針なのかもしれない。

更に、副作用ですが、冷や汗にめまいに血圧低下に吐き気と、思い出しても辛いですが、
必ずこうなるというのではないです。
異物を入れるので、多かれ少なかれ何らかの症状はある様ですが、程度は人それぞれ。
高熱が出たり腹痛が激しかったりという人もいる様ですが、私よりも軽い人も。
私の場合は強力な下剤を飲みながらだったので、更にきつかったというのもある。
でも、入れた直後の一過性なので、ずっと続くのではありません。
落ち着いたら落ち着いたで、異物感とか排尿の際の変な感じとか残尿感とか、
嫌な感じは抜く迄ありますけども。

という訳で、尿管ステントを入れる事は恐ろしい事ではないんですよ。
手術の際に尿管を傷つけたらそれこそ大変なので、そうならない様にの安全策。
まあ、そうでなければやりたくはないですけどもね。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0