So-net無料ブログ作成
検索選択

私を泣かすのは

010701.jpg

国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院のサイトで、「抗がん剤治療による副作用の苦痛度ランキング」
(アピアランス支援センター)が紹介されてました。
それによると、痛みや吐き気等の症状と共に、脱毛や顔の色が変わる等の外見の変化も多く挙げられてます。
特に女性は男性の2倍!
女性が痛みや痺れなどの体の症状より、外から見える症状を辛く感じるのは、
生物として男性より痛みに強いというのもあるんでしょうが、やはり見た目が大きい。
抗がん剤を始める前は、脱毛は抗がん剤の副作用として仕方ないと思ってましたが、
初めて髪が束ですっと抜けた時は言葉が出なかった。
「あー」とか「うー」とか、そんな言葉が頭の中に浮かび、ちょっとだけ涙が滲んだ。
その髪の束をティッシュにくるんで、暫く取っておいた。
「髪は女の命」とは思ってない私ですらそうなんだから、他の女性の辛さはもう。

脱毛は命に関わる事ではないので、医者は「抗がん剤をやめたら生えてきますよ」と言い、
「体の具合はどうですか?」とは訊ねても、「脱毛の具合はどうですか」とは訊ねてくれない。
それで又辛くなる。
それは医者の所為ではないんですが、労ってほしい、慰めて欲しいと思いながら、
その辛い気持ちは私のものでしかないという事も分かっているので、何ともし難い。
まあ、訊ねられても、「こんなです」とかつらを取って頭を見せるしかないですけど。

ちなみに、私は顔の産毛から足の無駄毛まで、体の隈なく抜けまして、そこはお手入れしなくて楽なんですが、
困るのは眉毛とまつ毛
眉毛が抜け始めた時は、「本当に抜けるんだあ」と、お公家さんみたいになっていくのを面白がってましたが、
まつ毛も抜け始めて笑えなくなりました。
まつ毛がない目ってちょっと恐いんですよね。
どちらも綺麗さっぱり全てが抜けるんではなくて、4割くらいは残るのですが、まるで佐清(すけきよ)
眉毛は化粧で誤魔化せるけど、まつ毛はアイライナーをひいても誤魔化せないというのも難。
で、付けまつげなんですが、巧く付けられないので、練習もしてません。
開き直ってアイライナーを太目にひいてます。
又、抜けたまつ毛が目の中に入るので痛いし、毛が刺激となってものもらいが出来たり、
二次被害も。
髪が抜け始めた時の涙より、まつ毛が目に入って流れる涙の方が多い。

女優の仁科明子さんは、乳がんを患った時に抗がん剤で髪がごっそり抜け、
鏡を見て声を上げて泣いたそうですが、私はそこまでではなかったです。
ちょっとだけとはいえ涙が滲んだので、哀しかった事は確かですが、
化学療法をすると決めた時に、病院に置いてあったかつらの冊子を読んだり、
ボランティアの人達が作ったケア帽子を手に取って見たりしてたのと、
検査入院してた病棟では、正に今、抗がん剤で髪が全くない人達が身近だったので、
少しずつ心が整っていったんだと思います。
あと、髪が抜け始めたばかりの頃にかつらを作ったのも良かった。
退院してからインターネット医療用かつらを調べて、色々な会社やNPO団体がある事を知り、
抜けても何とかなると思え、今迄した事なかったロングや巻き毛にしてみようと、楽しみにさえ。
心の拠り所というか、御守りみたいなもんですね。
抗がん剤の副作用だから仕方ないという諦め、抜けても何とかなるという開き直り、
抜けた事を楽しもうという強がりが、髪よりも眉毛とまつ毛で云々させてます。
ティッシュにくるんで取っておいた髪は、髪がばっさばっさ抜ける様になってから、
取っておいても仕方ないやと捨てました。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

 咲耶

文面からはお元気そうに見えるのでひとまず安心。
でも確かに体の痛みより見た目が変わっていくのは
女性にとっては大変辛いことですよね。
まつ毛まで抜けるとは知りませんでした(゚д゚)!
どうか一日も早く治療を終えられて元気になられますように!
祈ってますからね^^
by 咲耶 (2016-02-11 22:58) 

Indigo

★ 咲耶様 ★
がんだからと、普段から寝込んだりぐったりというのはないんですよ。 (^ ^)
私の場合、抗がん剤すると副作用で4~5日体が辛いですが、
それ以外は元気だし、病人とは思えません。
スキーも出来ますよ♪
私もまつ毛まで抜けるとは知りませんでした。
頭は目立ちますから、副作用の脱毛の最たるものと思われるんでしょうね。
治療は未だ未だ続きますが、咲耶さんのお祈りを力に、
頑張りますね!
by Indigo (2016-02-12 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。