So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大勢の中の孤独

2月に治療を終えてから、ぼんやりと孤独を感じる様になって、
子供の頃から孤独には慣れているのに、不思議な感じがするんですよね。
苛められっ子だった小学生の時は、大勢の人から突き放された孤独で、
孤独に慣れて独りを寂しいと思わなくなっていた高校生の頃は、
同級生とそこそこ距離を保って付き合い、大勢を傍から眺める孤独で、
今は、大勢の中に居て、距離は離れていないのに混ざり合わず、
自分だけが異質な、大勢の中の孤独。
でも周りの人はそう思っていないし、気付いてもいない。
家族とか、数少ない友人とか、外で擦れ違う見ず知らずの人達とか…

治療している時は、抑鬱の海の底から浮き上がると、光みたいなものを感じたんですが、
今は昼でも夜でもない、乳白色の霧が漂う海辺の丘にぼんやりと立っていて、
物凄く寂しくて、少し悲しい。
巧く言葉に表せないですが、心象は小説「霧笛」(レイ・ブラッドベリ)の世界。
「この灯台をおとずれてくるもの」(創元SF文庫 大西尹明訳)の孤独が、
とてもよく分かる。
「霧笛」では本当に全くの孤独なので、大勢の中の孤独とは違うんですが、
「おとずれてくるもの」の悲しみが琴線に触れます。

孤独を感じないのは、患者会で同じ経験をしている人達と居る時だけ。
大勢の中の孤独とは、なんて辛いんだろうと思う毎日です。


■大西尹明訳 語りかける様な文体で、読み易い。原著に「正確な翻訳ではない」という人も。


■小笠原豊樹訳 硬質でひんやりとした文体で、「霧笛」の孤独をより強く感じます。


■少女漫画の神様・萩尾望都が、創元SF文庫(大西尹明訳)を元に漫画化。とても素晴らしいです。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
タグ:孤独 患者会
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ブログの名を変えました

ブログの名を変えました。
始めた頃は治療に懸命で、自分に発破を掛けるのにぴったりでしたが、
治療を終え、転移と再発に心安らがない日々には合わない。
穏やかで静かでゆったりした言葉を、と思いました。
治療を終えてから、強い言葉が痛くて、自分のブログを開くのが嫌でした。
暗い気持ちになるので………

「風のほとり」という名は、昔やっていた詩のサイトの名です。
使い回しですが、ふんわりと軽くて、「良いな」と。
時々ゆるゆると吹く風です。
でも、嵐の時もあるかもしれません。

ちなみに、詩は別の名のブログでやっています。
がんを特に意識はしていませんが、良かったら覗いてみて下さい。
色々ある日々


にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ゴポゴポゴポ………

「少しずつ浮き上がってきて、鬱々状態から脱したんじゃないかなと思う今日この頃。
 いつ又沈むか分からないですが。」
…と、前回書きましたが、目下、沈んでます。
しかも2段階で。
夫の親族が亡くなった、半年検診の結果が出た、この2つにやられました。

前回の記事を書いた直後に夫の近親の親族が亡くなりまして、その葬式に出た次の日あたりから気分が灰色状態に。
唐突でしたが長く生きられた方で葬式も湿っぽくなかったんですが、夫の近親で私も会った事があるからか、ぐぐっときまして…。
がんを患ってから「死」という言葉に敏感で、口にするのも人が言うのを聞くのも嫌なくらいなんで、増してや近しい人の死となると、心のばねが弱くなっている身にはかなりきました。
それからふらふらと浮上し始めて、夏恒例の高校野球のテレビ観戦に一喜一憂してたつい4日前、2か月毎の検診で2週間前にした造影CTの結果を聞いて、浮上しきる前にゴポゴポゴポ………。
肺に2月に撮った時にはなかった白い影が…。
放射線科の判断は「炎症結節」(肺に炎症があってそれを体が治した痕)で、転移の所見はないらしいんですが、その日の血液検査で腫瘍マーカーの値が軒並みやや上がってたのもあり、念の為2か月後に肺のCTを撮る事に。
腫瘍マーカーの値は正常値の範囲内なんですが、病気が病気なんで、「域値を狭めに見ていく」という事でした。
実は4月に肺がん検診でCT撮ってるんですよね。
その時は特に問題なしと診断されて安心してたので、一気に。

という訳で、目下、沈みながら心配と不安の日々を過ごしてます。
でも、未だ抑鬱ではないので、その気がある内に猫ブログを8か月振りに更新して、趣味に没頭しようかと。

ちなみに、高校野球は応援してた高校がことごとく負けました…。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

便りがないのは良い便りじゃない事もある

 ずっとブログを放置していて「全然更新してない」と夫に言われ、もだもだいい加減に返事をした私に夫が言った言葉。
2、3か月くらい前?直近の更新は去年の12月末でした。
「何かあったのかと思われるよ」とも言われ、確かにと思いましたが、そうちょくちょく気軽に何かを書けるんじゃないんですよね。
話題があっても書く時間があっても、気力がなければ書けません。

 実は治療が2月で終わりまして、今は経過観察中。
2か月ごとの血液検査と半年ごとの精密検査、血栓予防の血液坑凝固剤と腸閉塞予防の薬は継続。
今のところ特に異状はないです。
…という事を書こうとは思ってたんです。
ずっと。
時間もあるし。
でも気力が全くない。
軽い鬱症状で沈んでまして…。

 抗がん剤とか手術という治療中は、考える事とか決めないといけない事が沢山あって、迷うし悩むしで余裕がない。
でも、治療が終わると緊張が解けて余裕が出来て、がんになってどうしようもない辛さとか悲しいとかがんである事実にうっすらと覆われている苦しさとか、負の感情がどっと湧いてくるんですよ。
四六時中も考えているんじゃなくて、楽しい時とか嬉しい時の合間とか、特に何をしているでもなくぼんやりしている時に、引き戻される。
「あー、私がんなんだよな。うん」と。
で、暫くそんな風でいたら、気付いたらどっぷり沈んでまして。
朝は起きるの辛いし起きても頭は空っぽだし気分は上がらないし日中は家事をするのでいっぱいいっぱいだしそれすら手抜きだし一休みするとそのまま夕方まで眠っちゃうし夕方になると気分が盛り上がるけどその所為で眠れなくて夜更かししちゃうし朝は起きるの……以下、エンドレス。
ぽんっと浮き上がる時もあって、何かを思い煩っている様には見えない(と思う)。
妙に気分が揚がったり。
でも基本は鬱々。
これが4か月間は続きましたかね。
「このままじゃまずいなー」と主治医に相談しようかと思い始めた頃、好きな事には気分がのると気付いて、それに熱中して、それ以外に何かを頑張ったりはないんですが、少しずつ浮き上がってきて、鬱々状態から脱したんじゃないかなと思う今日この頃。
いつ又沈むか分からないですが。

 治療か終わっても「万歳!これで開放された!」と思えないのががん。
再発と転移という新たな恐れを抱えていかなくてはならない。
手術や抗がん剤の治療中は如何にがんと向き合って受け入れるかで、治療を終えたこれからこそが闘病だと思います。

 ちなみに、明日は治療終了後初の造影剤CTです。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(6) 

終わった様な終わってない様な

4950813497_6e01caba73_b.jpg

昨日、術後化学療法の最後の3コース目が終わりました。
途中、何週間も治療が出来なくて、もしかしたら年内に終わらないかもと思ってましたが、
何とかぎりぎり。
目下、副作用の味覚障害と胸のむかつきに耐えてます。
今日が最高潮で、多分、明後日には和らいでくるかと。
お節料理は何とか作れそうで、良かった。

…という文章を、昨日の治療中に考えてたんですが、本当の意味では終わってない。
術後化学療法としての治療は全て終わったんですが、昨日の治療は途中で中止に。
2種類目の抗がん剤を投与して5分後くらいに、急に具合が悪くなり、急遽中止になりまして…
いきなり胃が重く硬くなり、吐き気がじわじわと広がり、悪寒も。
10年くらい前になった胃痙攣に似てる。
2~3分耐えてみたけど駄目で、ナースコール。
その内、冷や汗が出てきて、とうとう吐きました。
血圧も少し下がってた。
吐いたらかなり楽になりましたが、看護士が来た時点で抗がん剤は中止に。
年内に終わるかやきもきしてた治療が、すっきり終わると喜んでたんですが…

担当医によると、抗がん剤のアレルギー反応か判断し兼ねるらしい。
その時に投与してた抗がん剤のアレルギー反応は色々ありますが、
主に悪心・吐き気、吐く、発熱、呼吸困難等。
私の様に胃の症状が現れる確率は、科学的根拠に基づくと12~13%だそうですが、
担当医の経験だと、この抗がん剤を何回も投与してる人を集めると、
20~30%くらいらしい。
そういえば、術後の1コース目で胸のむかつきが現れて、徐々に酷くなって、
吐き気止めを処方して貰ったけど効かず、どうやら胃が原因だったらしく、
胃酸過多を抑える胃腸薬を飲んだらかなり良くなったんでした。
術前の6コースでは現れなかった。

という訳で、術後化学療法としての治療は終わったんですが、
中止した抗がん剤だけ改めて投与はしないので、尻切れとんぼ。
もやもや…
そして心配なのが、今後、この抗がん剤を使えなくなるかもしれないという事。
CTを撮って病態を調べ、治療を終えるか、更に何らかの治療をするか、
カンファレンスを経て決めるんですが、もし治療を要して、化学療法となると、
投与中のアレルギー反応が現れてるので、使えないかもしれないらしい。
うー…

終わった様な終わってない様な、どっちつかずの感がありますが、
まあ、年内に治療が終わったのは良しとして、気持ちを収めないと。
ちなみに、その日は抗がん剤を中止した後、制吐剤の点滴で2時間…
14時半には帰れる筈が、17時まで病院にいました。
味覚障害と胸のむかつきも相変わらずです。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

悲しいことの中に

yun_2100.jpg

悲しいことの中に楽しいということを発見できたならば、
その人はものすごくすばらしいものを見るような気がする。

水俣病の症状を抱えながら技能を身に付け、建具店として独立した緒方正実さんの言葉。
病苦の中、11年間裁判で
行政と闘った末、水俣病認定を得た。

悲しみの中で、僅かな間でもそれらから離れられる何かは、とても得難い。
けれど、見つける事が出来たら、失われない。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
タグ:緒方正実
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

インフルエンザ予防接種

769ad613bde781ceeb95b0ac1bc46a93_s.jpg

インフルエンザの予防接種をしました。
去年もして、その前は6年前。
その前はいつだったか、もう遥か昔の子供の頃なので、憶えてない。
インフルエンザに最後に罹ったのは26年前で、それ迄もそれからも予防接種しなくても罹らず、
じゃあしなくて良いやと。
6年前に打ったのは、接客業の夫が会社の命令で毎年打ってて、多分そのついで。
でも、夫はかなりの頻度でインフルエンザに罹るのに、私は夫からも貰わず、
私の分は会社から補助が出ないし、以下同文。
今は家族にも補助が出る。

そんな私がインフルエンザの予防接種をしたのは、担当医に言われたから。
抗がん剤の副作用で白血球と好中球の値が低く、感染症に罹ったら重症化する恐れがあるので、
手洗いとうがいは日頃から、外に出る時はマスクもする。
宅配便とか郵便配達とか、滅多に来ないけど近所の人とか、家に誰か来た時も慌ててするし、
離れに住んでる義母と渡り廊下で話す時もする。
持病がある身には大袈裟ではないのです。

で、予防接種の副作用で、打った所が赤く腫れて痛いんですよね。
打った次の日に腫れてきて、今は更に腫れて盛り上がり、熱をもってる。
去年は腫れるどころか、痛くも痒くもなかったのに、大丈夫か?

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

これは楽観的か、悲観的か

7529158884_3d2c24fec7_o.jpg
GATAG Joel Olives

私たちは皆、小さな蝶なのだと考えましょう。
誰もが未来を変える力を持つのです。
良い未来になるか、悪い未来になるかは五分五分。

アメリカの社会学者のイマニュエル・ウォーラーステイン氏の言葉(朝日新聞のインタビューにて)。
「世界のどこかで蝶が羽ばたくと、地球の反対側で気候に影響を与える」というバタフライ効果に例え、
「どんなに小さな行動も未来に影響を与える事が出来る」と述べる。
「良い未来になるか、悪い未来になるかは五分五分」で、それは「楽観的か、それとも悲観的か」。
人の力が社会に与える影響を述べたものですが、人の一生にも当てはまる。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

何だかなあ

16102601.jpg

只今、味覚障害中。
月曜日に抗がん剤の治療をして、その副作用が出てます。
前より強く現れてて、今の主食はカロリーメイト…
他にはフライドポテトかペストリー風の甘いパン。
前はおいしく食べられたトマトソースのスパゲティは、食べられるけどいまいちに。
あと1~2日で治まりそうなんですが、来週の月曜日には抗がん剤の治療。
何だかなあ…

抗がん剤治療中の人向けの料理の本があって、始めの頃はせっせと試しましたが、
私の場合、どの調味料もまずく感じるので、薄味にしようが濃い味にしようが、
駄目なものは駄目と分かった。
仕方ないので、食べられる物を食べると開き直る。
味噌も醤油も塩すらも駄目とは、文字通り味気ない。

日によっては、お腹が空いてるのに食べられる物がない事もあって、
何とか食べても、おいしくないので食べた事を悔いる。
食べる事は楽しみでもあるんだとつくづく感じる。
テレビ番組に溢れる食べ物を見て、人々は快感を得てるのかもしれない。

そんな日々でも、無性に食べたくなる物もある。
それはマックフライポテト。
電子レンジで温める冷凍のやつとか、モスのでもなく、マック。
とにかく食べたくて仕方なくなって、夫に仕事の帰りに買ってきて貰って、
夜の10時にむさぼり食うという…

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病には乗っ取られない

mount-everest-413_640.jpg
pixabay Simon

じっとしていては駄目。
病気になっても、「病人」にはなりたくない。

10月20日に腹膜癌の為亡くなった、登山家の田部井淳子さんの言葉。
抗がん剤の治療をしながら、山に登り続けた。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

タグ:田部井淳子
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -